2018/01/18

ウルトラジャパン(Ultra Japan)2018ナンパについて

 

この記事を書いている人 - WRITER -
海外勤務と外資系企業で働いた経験を持つ、35際の専業ナンパ師。 19歳の時にナンパで童貞を捨て後、スタイルを変えたり心理学を取り入れながら、現在も世界的な伊達男になるべく進化し続けている。 日本人女性のみならず、好みの女性であれば国籍問わず声を掛ける、イタリア人よりもイタリア人っぽい男。 2017年の秋にサラリーマン生活に別れを告げ、ボーダレスな美女専ナンパスタイルを発信している。

ここではウルトラジャパン(Ultra Japan)というダンスミュージック・フェスティバルでのナンパと2018年の動向について、どこよりも深く、鋭く、そしてイヤラシく考察していきます。
ヤンチャな若者や外国人が10万人以上来場するだけあって、ナンパ師にとってはウハウハなイベントです。

ウルトラジャパン(Ultra Japan)とは?

  • EDMというダンスミュージックの野外ミュージック・フェスティバルです。
  • 「トゥモローランド」と「EDC」と並んだ、世界3大EDMフェスティバルの1つです。
  • 日本には2014年に上陸し、お台場近辺で開催されています。

      ※画像をクリックすると拡大できます。
  • 9月の敬老の日(月曜)含めた3連休に開催される祖父母不幸なイベントですが、10万人以上もの総動員数(しかもほぼ全員ヤンチャ盛りな若者)を誇るナンパ師にとっては釣り堀みたいなウハウハなイベントです。
  • ちなみに僕は2015年は3日連続、2016年も3日連続、そして2017年は最終日のみ参戦しました。
  • 渋谷でたまに見かけるような高スペックの子が大量に集結します。
  • 渋谷のハロウィンと同じく、もはやマイアミ発祥のウルトラではなく、露出大会になっていて、皆さんの大好きな清楚系の子も、ほぼ裸になっていますw
  • 開催する時間帯は11:00〜21:00であるため、体力に自信があれば長期戦も可能です。
  • 1日のチケット代は16,000円程とお高いですが、会場の外でも無尽蔵な数の女の子をナンパできるため、必ずしもチケットを買う必要はありません。
    むしろ会場の外にいる子の方が、とりあえず来てみた非パリピな子か暇な子であるため、狙い目です。
  • ウルトラマンはいないので、子供は入れませんw

      ※夜がメインイベントなのにも関わらず、昼間も会場の外にエロい女が沢山います。

【動画】露出度高めのウルトラジャパンの雰囲気

渋谷のハロウィンと同じく、もはやマイアミ発祥のウルトラではなく、露出大会になってますw
皆さんの大好きな清楚系の子も、この日ばかりは露出が激しくなっています。

2018年の動向と戦略について

2018年も開催することが決定!12月22日からすでにチケットが販売されています。

■開催期間・時間帯

  • 9月15日(土)、16日(日)、17日(月・祝日)の3日間
  • 開始時間 11:00 – 終了時間 21:00(予定)

■最寄駅までのアクセス

  • 東京駅、品川駅、有楽町駅から近い方
    • 東京駅からはJR京葉線に乗って、新木場でりんかい線に乗り換えて、「東京テレポート駅」で下車。
    • 品川駅からはJR京浜東北線に乗って、大井町でりんかい線に乗り換て、「東京テレポート駅」で下車。
    • 有楽町駅からは東京メトロ有楽町線に乗って、新木場でりんかい線に乗り換て、「東京テレポート駅」で下車。
  • 新橋駅から近い方
    • 新橋駅からゆりかもめ線に乗って、「船の科学館駅」か「青海駅」で下車。

■最寄駅から会場までのアクセス


      ※画像をクリックすると拡大できます。
  • 会場の住所:東京都江東区青海1-1-16(お台場 ULTRA JAPAN 特設会場)
  • 東京テレポート駅(りんかい線利用)で下車する場合は、上記のルート①で徒歩10分位。
  • 船の科学館駅(ゆりかもめ利用)で下車する場合、上記のルート②で徒歩8分位。
  • 青海駅(ゆりかもめ利用)で下車する場合、上記のルート③で徒歩7分位。

■チケットの価格

  • 3日通し券で36,000円
    (会場の外だけでもナンパは可能で、天候などの不安定要因もあるため、必ずしもチケットは必要ありません)

■会場外ナンパの戦略マップ


      ※画像をクリックすると拡大できます。
  • 漁場①暇そうな女が密集する芝生エリア。密集しているがゆえに、次々と声を掛けると目立つので注意。ここにラブテントを張っておくといいでしょう。
  • 漁場②:ショッピングモール(ダイバーシティ)にトイレ目的で出入りする女がいるスペース。よって、1人で歩いている女を狙くエリアである。
  • 漁場③漁場①よりも人が少ない芝生エリア。少ないエリアであるため漁場①よりも内向的な女が多い印象を受けた。逆に和んだらこっちのもの!
  • 漁場④:一番人通りが多くナンパする輩も多いが、オススメ出来ないエリア。会場の入り口が近いので、女と会話を続けるための滑走路が短すぎるのとナンパが多いため。
  • 漁場⑤:ここは比較的人通りが少ないため、逆に女のガードが下がっているエリア。待ち合わせや野暮用で会場を離れる女を見かけたら、すかさず紳士的に声掛けを!
  • 漁場⑥:会場の外の敷地の中で最も離れた、東京テレポート駅と青海駅へと続く区域。会場への見晴らしが良いため、チケットを持っていない人々が集まっているエリア。会場近くほどはナンパ色が少ないため、逆に狙い目。

■2018年の動向

  • EDM音楽・ポップカルチャーの流行がそろそろ頭打ちになってきているものの、2018年も2017年と同じ規模の来場者数を予想しています。
  • チケットは購入せずに、会場の外に休憩用のラブテントを張る戦術がお勧めです。
  • 遠隔から来場する場合は、開催3ヶ月前には会場近くに空母基地用・お持ち帰り用のホテルを予約しておくことをお勧めします。
  • 例年通り外国人が多く来ると思うので、外国人美女が好きな方はそれ目的でもイケます。
    なお、外人ナンパ攻略法についてはこちらで網羅してありますので、ご参考にしてください。

2017年の雰囲気、実績、そして学び

■参戦期間

  • 18日(月・祝日)のみ、チケットなし(会場には入らずに)ナンパしました。
    →他の開催日(16日と17日)は両日とも雨であったため、チケットを買わずに最終日のみの参戦で結果オーライだったと思っています。

■事前準備

  • 2016年の客層の悪化と悪天候により、次回の参加を見送る方針としていたため、ノープランでした。

■客層

  • 昨年(2016年)に懸念していた刺青むき出しの輩系や露出系の男が少なくなったように見えます。
  • 昨年は減っていた外国人が盛り返したような気がします。
  • 特に中華系とポリネシア系が増えていました。
  • ふくらはぎの綺麗な日焼けギャルやキャバ系スレンダーギャルが増えました。

      ※このキャバ系スレンダー日焼けギャルがたまらなかったので、このあと声をかけましたw
  • 昨年に比べて強引なナンパも少なくなったので、ナンパの反応が良くなった。
  • 昨年の3倍の来場者を予定していたらしいが、当日券が買えるなどチケット余りが気になった。
    EDM音楽・ポップカルチャーはそろそろ終わりなのか・・・

■ナンパ方針

  • チケットなしの完全ソロナンパであったため、会場付近に来た理由と笑いのネタとして「犬と散歩に来たが奴は自由行動している」と言い張る。
  • お台場の一箇所に数万人という人が集中することにより、特に夕方頃からネットの回線が繋がりにくくなります。LINE交換に支障がきたした場合、電話番号交換か相手のQRコードの写真を撮ることで対応することにしました。

■実績

  • LINE/連絡先交換:4
  • その後のアポ:[これから実施、乞うご期待]

■振り返りと学び

  • 重要な気付きがあったのですが、会場の外の広場にラブテントを張っておくと仮眠を取ったりその中に連れ込んだり、即ったりできそうです。
  • ナンパ目的であれば、チケットよりもホテルを予約したほうがよいと思います。
    (会場の外でもナンパできるため)
  • また、チケットなどの前払いの負債を作らない方が、天候や体調次第で参戦するかどうかの柔軟な判断ができます。

2016年の雰囲気、実績、そして学び

■参戦期間

  • 9月17日(土)、18日(日)、19日(月・祝日)
    →18日と19日は雨でした。

■事前準備

  • イベントの3ヶ月前に、チケットの確保とお台場の会場の近くの東横イン(品川港南口天王洲アイル)に3泊の予約をしました。
    ちなみに、東横インの宿泊システムはナンパ師にとっては使い勝手が良く、シングルルーム1名の予約でも「アメニティー追加お願いします」と受付で女を連れて申し出れば、2,000円程支払うだけで女も宿泊できます。
    メチャ柔軟性ありますよね!
  • お台場の一箇所に数万人という人が集中することにより、特に夕方頃からネットの回線が繋がりにくくなります。
    LINE交換をスムーズに行うべくバックアップ用の無線WiFiをレンタルして持っていくことにしました。
  • 昨年(2015年)の夏は慢性的な扁桃腺炎に苦しんだため、大胆にも前もって扁桃腺の切除手術を受けましたw
    これで風邪もひきにくくなり、私生活も楽になりました。

■客層

  • 昨年に比べて外国人が少なくなり、刺青むき出しの輩系や露出系の男が増えました。
    (一昔前の片瀬江ノ島海水浴場のような状態でした)
  • ナンパも多くなったので、女の無視率が上がりました。
  • 女のレベルも昨年に比べて落ちました。

■ナンパ方針

  • 昼間は良質なLINE交換のために一時的に1人になっている子にアプローチとアポにつなげるための十分なラポール(和み)を行い、夕方から3人組以上に声をかけること。
    →結果的にこのアプローチが1人で友達を待っている子にハマりました。
  • 何人組だろうが完全ソロナンパ。

■実績

  • LINE/連絡先交換:12
  • 即日お持ち帰り:1
  • その後のアポ:4
  • 準即日お持ち帰り:2

イベント初日に、ハーフ系の女が会場の人の少ないエリアに1人で座っていたので声を掛けたところ、友達がいつ来るのか分からないとのこと。
30分程話し込んでから、「人混み疲れるし飲みに行こう」と打診して、ホテルへ直行しました。
手マンとマン音を立てるのが大好きな子だったので、腕が疲れましたw


      ※強めなギャル系なのに、手で攻められるのが好きな右腕泣かせでしたw

■振り返りと学び

  • 輩系が増えてナンパしにくくなった上、女のナンパ慣れおよびレベルの低下を感じました。
  • よって、チケットとホテルの約6万円のコスパに合わないと判断したため、翌年(2017年)の参加を見送ろうと思った。
  • 実はLINEを交換した子の中に、前からエロいなと思っていたAV女優がいました。別の日にアポって自宅までスムーズに連れて行けたのですが、僕が彼女のことを観たことがあると言ってしまったためか、匿名性が薄れてセックスできませんでした。
    「セクシー女優?なんすかそれ?」ととぼけていればよかったと後悔していますw

2015年の雰囲気、実績、そして学び

■参戦期間

  • 9月19日(土)、20日(日)、21日(月・祝日)
    →天気は晴れのち曇りで、タンクトップで少し寒かった感じです。

■客層

  • 外国人が多かったので、女も「海外のイベントだし外国人さんと仲良くなりた〜い」「日本人男子のノリはビミョー」みたいな日本男児にとってはクソな雰囲気でしたw

■ナンパ方針

  • 上記の背景もあり英語で話す方が女の反応がよかったため、外国人のフリをして英語とカタコトの日本語で声をかけていましたw
  • 心理学ではこれを外国人系の差別化といい、オラオラ系の差別化よりも効果的だと言われています。
  • 相手が5人組だろうが完全ソロ活動w

■実績

  • LINE/連絡先交換:22
  • 即日お持ち帰り:1
  • その後のアポ:4
  • 準即日お持ち帰り:3

最終日に、若い時の島谷ひとみをギャルっぽくした感じの子を3人組から引き剥がして自宅にお持ち帰りしました。

「ほら、こんなにガマン汁出しちゃってぇ〜、おいしい♡」と実況中継するドエロな子でししたが、こっちは扁桃腺炎による発熱と鼻水をたらしながら腰を振っていましたw

外国人系の差別化を狙って、最初はカタコトの日本語で声をかけましたが、だんだんと素が出てしまい「日本語上手くなってるじゃんw」とツッコまれれるありさま。


      ※両脇の2人の同意をもらってから、真ん中の子を持ち帰りました。

■振り返りと学び

  • まず、ハイレベルなギャルをガンガン狙えるイベントがあることに驚きました。
    渋谷でたまに「おっ?」と思う子がゴロゴロいます。
  • 即を狙う場合は、1人の人待ちの女か3人組に声をかけた方がよい。
    (3人組の場合は1人を引き剥がすことに対して、残りの2人が同意しやすいから)
  • 具体的には、昼間は良質なLINE交換のために一時的に1人になっている子にアプローチとアポにつなげるための十分なラポールを行い、夕方から3人組以上に声をかけること。
  • 3日間という長丁場の戦いのための体力温存と、お台場という僻地での即対策をすべく、お台場の会場近くにホテルを予約しといた方がよい。
  • チケットも早く売り切れてしまうため、かなり前に購入しておくこと。
    →今回は、チケットを余分に買っておいたが、電子チケットを買ったためオークションでなかなか売れないという方がいたので、現地で待ち合わせをして3分の1の価格で購入しました。
  • お台場の一箇所に数万人という人が集中することにより、特に夕方頃からネットの回線が繋がらなくなりLINE交換に支障をきたしました。
    よって、バックアップ用の無線WiFiを持っていくこと。
  • 個人的には、扁桃腺炎へのなりやすさは体に稼働をかける時のリスク要因であるため、根本的な治療(手術)を受けた方がよいと思いました。

 

いかがでしたでしょうか?

今年のウルトラジャパン2018年も、アツくイヤラシくなること確実ですので、上記のような早めの準備をオススメします。
 

※今なら無料メルマガ登録で、実録ナンパ音声(解説+音声テキスト付き)を数本贈呈いたします。

↓登録はこちらから↓

この記事を書いている人 - WRITER -
海外勤務と外資系企業で働いた経験を持つ、35際の専業ナンパ師。 19歳の時にナンパで童貞を捨て後、スタイルを変えたり心理学を取り入れながら、現在も世界的な伊達男になるべく進化し続けている。 日本人女性のみならず、好みの女性であれば国籍問わず声を掛ける、イタリア人よりもイタリア人っぽい男。 2017年の秋にサラリーマン生活に別れを告げ、ボーダレスな美女専ナンパスタイルを発信している。
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 我が道を極める、ボーダレス・ナンパ術 , 2017 All Rights Reserved.