誠実系とS系、どちらで女性と接するべきか?

 

 

「初心者でSキャラのアプローチはハードルが高すぎる」とか

「程良いSキャラでアプローチしないと美女は振り向かない」など

ナンパ学者の間でも議論が分かれていますが、

私個人の意見としては、女(特に美女)は猫と同じだということです。

猫じゃらし的に強めにイジってあげないと、美女はじゃら付けられないし、楽しくないのです。

コミュニケーション大国・NLP大国のアメリカでも、この女性心理を
Cat String Theory(猫じゃらし理論)と呼び、女性への魅力付けの源として位置づけています。

 

あと、ほとんどの女の動物としてのマインドは、受け身(Mキャラ)なんです。

これもアメリカの心理学ではFemale General(女性性)と呼ぶのですが、これに対して男に必要なマインドはというと、強気な態度(バランスの取れたSキャラ)なんですね。

私も、強めギャルに対して
「ちょっとボソッと声を掛けてしまい、ナメられてる(試されてる)な」と感じたときは、かなり強気な態度に切り替えたりします。

そうすると、今までナメ切っていた女が目線を下におろして非常に女っぽい態度・受け身的な態度になります。

 

↓再度、最初にお伝えした、私がフル活用している教材を記載します↓

 

 

 

突然Sへのすり替えというナンパ師ワードが出てきて、ピンとこない人もいると思いますが、

要するに

『チヤホヤされて高飛車ぶっている美女に対して、猫じゃらし理論を用いることにより、イジりとユーモアで徐々に会話と関係性の主導権を握ってSキャラになってやろうぜ!』

という意味です。

 

この教材では音声でSキャラの再定義を行うとともに、Sへのすり替え、
すなわちイジりと軽い逆ギレ感ユーモアと自虐(フォロー)を、どのように言葉として・切り返しとして会話の中に散りばめていくかについて、PDFの会話サンプルで説明しています。

会話サンプルにしっかり注釈や注目するポイントが明記されているので、どのポイントでSキャラを出して、そしてフォローししているのかが明確になるので、自分の会話の改善ポイントが浮き彫りになるはずです。

 

 

 

「私がフル活用している恋愛・ナンパ教材」に戻る