2018/03/09

男の旅行~台湾ナンパツアー①~8日目(連れ出したら隣の席でYASUさんが和んでいた夜)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
海外勤務と外資系企業で働いた経験を持つ、35歳の専業ナンパ師。 19歳の時にナンパで童貞を捨てた後、スタイルを変えたり心理学を取り入れながら、世界的な伊達男になるべく今もなお進化し続けている。 日本人女性のみならず、好みの女性であれば国籍問わず声を掛ける、イタリア人よりもイタリア人っぽい男。 モットーは「自分らしく我が道(まま)に、そして周りを幸せに」 2017年の秋に長年のサラリーマン生活に別れを告げ、ボーダレスかつスタイリッシュな、常識にとらわれない「モテ方」を発信しています。

今日は10時間以上寝てしまった。

右足の親指が関節炎になってしまったので、なるべく回復しようと努めた意図もある。

そう、台湾ナンパ遠征の重要な日、金曜と土曜の2連戦が控えているためだ。

なお、外国人ナンパ攻略法については、こちらで網羅してありますので、ご参考にしてください。

前日までの記事(参考)
■ 男の旅行~台湾ナンパツアー①~1日目(前編・準備~現地到着)
■ 男の旅行~台湾ナンパツアー①~1日目(中編・情報戦)
■ 男の旅行~台湾ナンパツアー①~1日目(後編・クラブから韓国人女性をお持ち帰り)
■ 男の旅行~台湾ナンパツアー①~2日目(台湾のファッションを追い求めた日)
■ 男の旅行~台湾ナンパツアー①~3日目(連れ出し後にLINE交換を忘れた夜)
■ 男の旅行~台湾ナンパツアー①~4日目(観光ナンパ)
■ 男の旅行~台湾ナンパツアー①~5日目(台湾プロ野球チームのチアガールと和んだ夜)
■ 男の旅行~台湾ナンパツアー①~6日目(右足がイカれ始めた日)
■ 男の旅行~台湾ナンパツアー①~7日目(台湾人女性にモテる髪型を注文してみた)

 

20時にYASUさんと日本食っぽいレストランで晩飯を食べた。

場所はググっても出てこなかったのですが、ここらへんです。

今回は牛肉炒め定食。

食事後に、フラっとストリートナンパ。

脚の細いスタイルの良い女がいたため、足を引きずりながら声を掛けた。

これから某クラブに出勤するところのようで、勤務先のドアの前でビタ止め。

英語は話せる。

本日の女の仕事の後、4時~4時半頃に会う約束をした。

 

0時にYASUさんとElektroへ出陣。

10℃の雨天だったので、結構寒い夜だった。

エントランスからガラガラ感が伝わるが、とりあえず入ってみるか。

まずはパスポートを見せて年齢確認。

※海外のクラブは、日本の免許証ではなくパスポートを持って行ってください。

ちなみに、1,000台湾ドル(約3,900円)で2ドリンク分のチケットが付いています。

 

まあ、この天気だと女も入らない訳で、フロアにも男しかいない・・・

 

0時半頃、アラサーくらいの派手目のパリピ女に声を掛けた。

VIP席とカウンターを行き来している。

小柄だが、肩と背中を出したドレスが似合ってて、とてもセクシー。

ちょうどスマホをロッカーに入れてしまったのことなので、その子がスマホを持っている友達を連れてきた。

その友達は黒いドレスが良く似合う、長身の清楚系女子だった。

台湾人なのだが中国に駐在していて、春節(中華系の年末年始)のため台湾に帰省しているらしい。

そんなこんなで和んでいると、声を掛けた子はブーたれて、どこかに行ってしまった。

この子は英語を話せて性格も良さそうな子だったので、とりあえずLINE交換。

 

続いて、YASUさんと2人組へコンビナンパ。

YASUさんの方は英語を話せるエキゾチック系の美女。

私の方は英語がしゃべれなかったので、Google翻訳アプリでなんとかコミュニケーションを取った。

なお、Google翻訳アプリの使い方については、こちらをご参考にしてください。

会話している最中に、またもや警察のガサ入れが入って会場が明るくなる。

クラブの店員に「〇%×&□$△(大声を出して話すな)」と意味不明な注意をされながらも、Google翻訳アプリでの筆談を続ける。

シャイな子だったので、ゆっくり目に和んでからLINEゲット。

 

Elektroの中の雰囲気が温まっていないため、いったんYASUさんとクラブの外でストリートナンパをすることにした。

1人かなり可愛い女が混じっている3人組に話しかけた。

可愛い女は反応なし。

3人のうち、地味ではあるが長身で化けそうな子と話したら、そこそこ和めた。

英語はかろうじて通じる。

この子だけスニーカーを履いていたため、ヒールを履けばさらにスタイルが良く見えると思った。

 

ガサ入れが終わってそうだったため、再度Elektroに戻ることにした。

1時半頃、2人組のハイスペックな女がいたのでソロで声を掛けた。

2人とも英語を話せる。

モデル風のタイトなドレスを着た長身の女と、カジュアル系・ギャル系の小柄な女の、面白い組み合わせだ。

カジュアル系の子は警戒心が強かったので、モデル風の女にアプローチしてWeChat交換をした。

 

2時頃、台湾人っぽくない雰囲気の女がいたので声掛け。

台湾とアメリカのハーフだとのことで、英語は普通にしゃべれる。

そんなにタイプではなかった。

 

2時半頃、グループで来ている顔立ちの綺麗な女に声を掛けた。

普通にオープンしてLINEゲット!

 

3時になりElektroもガラガラになってきた。

雨天の寒い夜だったし、そもそも台湾のクラブは4時半には終わるみたいなので、ギリギリまで盛り上がってそうなOMNIへ移動した。

ここも、1,000台湾ドル(約3,900円)で2ドリンク分のチケットが付いています。

 

1階のカウンターに「日本人?」と思ってしまうようなギャル系の女がいたので、すかさずアプローチ。

ギャル系だけあってか、ダンサーだとのこと。

和んでいると白人の彼氏らしき男がやってきた。

その彼氏と仲良く話そうと思ったが、あまり話そうとしない。

とりあえず彼氏の前でLINE交換。

 

VIP席付近に整形顔のバニラ系女子がいたので、声を掛けてみた。

日本語を少し話せたのでビックリ!

とりあえずLINE交換をした。

 

4時頃、今日会う約束をした某クラブのスタッフと待ち合わせ。

この天気でクラブの客の入りが微妙だったので、早めに終わったらしい。

 

導線上のPIN TEA(品茶)というカフェレストランへ連れ出そう思ったところ、ちょうどYASUさんが声掛けをしているところを発見。

声掛け直後、女がYASUさんの腕にしがみついていたので、彼のアプローチ力の凄さに驚く。

 

お店に入ると対面席に案内されたので、きっかけを探りながら女の横に座った。

 

そうすると、目の前にはYASUさんとさっきの女性が座っていた。

私達と同じように、対面席なのに横並びで座っている。

YASUさん達は仲良く鍋をつついていた。

 

「前の人、日本人っぽいけど知り合い?」

と聞かれて返答に困った。

 

そんなこんなしていると、女が電話をし始めた。

こちらのことお構いなしで、長話しをしている。

 

あまり和めていなかったし、クラブのスタッフなのでベッドインしても気まずくなるだけかな思ったため、お会計を済ませてホテルへ撤収した。

ちなみに、YASUさんはそのままホテルで即日ベッドインした模様。

 

男の旅行~台湾ナンパツアー①~9日目(台湾人美女とのガチのデート)
 

今だけの無料メール講座への登録はこちらから

メルマガ登録で、今なら無料メール講座


『世界にたった1%しかいない本物のモテ男になる7日間』



を配信します。

また、アポからホテル連れ込みまでの会話音声(解説+音声テキスト付き)もプレゼント!



さらに、女性に声を掛けてカフェに連れ出すまでの音声を7本・立て続けにスペシャル配信!!

女性から口説かれる男になる女性真理をあなたへ。

外国人女性・日本人女性を問わず、普遍的にモテる男になる心理法則・技術・手順を余すことなく凝縮しました!

なお、7日目まで読んで理解いただければ、あなたも女性心理本当にモテる男の構造の全容を理解するとともに、


世界にたった1%しかいない本物のモテ男



になる切符を手にしたも同然になります。

あとは、お伝えした知識と技術を、スタイリッシュに使えばいいだけ。

スタイル抜群な美女や外国人女性と、素敵で妖艶な人生を楽しんでください。



↓登録はこちらから↓


この記事を書いている人 - WRITER -
海外勤務と外資系企業で働いた経験を持つ、35歳の専業ナンパ師。 19歳の時にナンパで童貞を捨てた後、スタイルを変えたり心理学を取り入れながら、世界的な伊達男になるべく今もなお進化し続けている。 日本人女性のみならず、好みの女性であれば国籍問わず声を掛ける、イタリア人よりもイタリア人っぽい男。 モットーは「自分らしく我が道(まま)に、そして周りを幸せに」 2017年の秋に長年のサラリーマン生活に別れを告げ、ボーダレスかつスタイリッシュな、常識にとらわれない「モテ方」を発信しています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© モテスパイラル , 2018 All Rights Reserved.