2018/02/23

男の旅行~台湾ナンパツアー①~2日目(台湾のファッションを追い求めた日)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
海外勤務と外資系企業で働いた経験を持つ、35歳の専業ナンパ師。 19歳の時にナンパで童貞を捨てた後、スタイルを変えたり心理学を取り入れながら、世界的な伊達男になるべく今もなお進化し続けている。 日本人女性のみならず、好みの女性であれば国籍問わず声を掛ける、イタリア人よりもイタリア人っぽい男。 モットーは「自分らしく我が道(まま)に、そして周りを幸せに」 2017年の秋に長年のサラリーマン生活に別れを告げ、ボーダレスかつスタイリッシュな、常識にとらわれない「モテ方」を発信している。

今日は晴天のナンパ日和!

とはいえ、台湾の居住空間は寒さを全く想定していないため、暖房設備がない。

なので、ホテルの中が底冷えする。

なお、外国人ナンパ攻略法についてはこちらで網羅してありますので、ご参考にしてください。

前日までの記事(参考)
■男の旅行~台湾ナンパツアー①~1日目(前編・準備~現地到着)
■男の旅行~台湾ナンパツアー①~1日目(中編・情報戦)
■男の旅行~台湾ナンパツアー①~1日目(後編・クラブから韓国人女性をお持ち帰り)

 

12時半にYASUさんと遅めの朝食。

ホテルの近くのビュッフェスタイルのレストランに入る。

しっかりとタンパク質を補給する。

薬味のスープが結構おいしかった。

 

食事後はちょっとやりたいコトがあったため、個人行動。

ショッピング中の顔立ちの綺麗な女子大生に声を掛けてLINEゲット。

英語は少ししゃべれた気がする。

 

街を歩いて台湾の男子を観察した。

台湾の流行りのファッションにイメチェンすると、女の反応がどうなるかが気になり始めた。

日本だとファッションが綺麗目カジュアルやK-POP系、ザイル系などのファッションが細分化していて、それぞれ属性を持っている。

このファッションによる属性サインにして、日本人の女性は「自分と文化的な価値観が一緒かどうか?」をフィルタリングする傾向がある。


※画像をクリックすると拡大できます。

 

なお、日本におけるナンパや恋愛ドンピシャにハマる髪型とファッションの詳細についてはこちらをご参考にしてください。

 

台湾の若者のファッションを観察すると、かなりカジュアル寄りなK-POP系に偏っているため、同じファッションをしてみたくなった。

 

そこでホテルの隣のZARAを偵察。

日本のZARAとは品ぞろえが全然違うし、なぜか赤が流行っている。

■ZARAのメンズ

■ZARAのレディース

H&MやGUESSも赤だらけで目がチカチカする。

■H&M

■GUESS

 

まあとりあえず、郷に入っては郷に従おうと思い、マネキン買いをした。

似合うかどうかは置いといて、さっきのZARAの左から1番目と2番目のマネキンに4万円を託しました!
(アウターとボトムスは左から2番目のマネキンのものだけ購入)

 

結果は・・・

 

こんな感じ。

小柄な私にはアウターがビッグシルエット過ぎて似合っているかどうか不安だが、とりあえず実験あるのみ。

あと、普段Mサイズを買うのだが、Sサイズがジャストフィットした。

台湾は日本より背丈の大きい人が多いので、台湾特有のデザインなのだろうか?

 

ついでに台湾なのに、GUで防寒用のヒートテックも購入。

こちらはMサイズがほとんど売り切れていた。

この寒波を乗り切るべく、爆買いされたのだろう。

 

早速、新調した戦闘服でストナン開始!

 

脚の綺麗な女が多い。

まず、日本のような下半身デ〇やO脚は少数派になる。

 

そんなこんなで、ZARAの前で暇そうにしている、スタイルの良い女に声掛け。

英語はそこそこ話せる。

ホテルの受付と広告系の仕事を掛け持ちしているとのこと。

最初は警戒されたが、思いっきり自己開示したら普通にラポれて、そのままLINEゲット!

 

続いて、SOGO付近で暇そうにタバコを吸っている、脚の綺麗な女に声を掛けた。

英語が全く通じないため、Google翻訳アプリを介して、ぎこちないコミュニケーション。

コンタクトレンズショップで働いていて、休憩中とのこと。

彼氏グダが発生したが、なんとかLINEゲット!

なお、Google翻訳アプリの使い方についてはこちらをご参考にしてください。

 

忠孝敦化駅の交差点で、仕事帰りのOLに声を掛けた。

「メガネを外せば大変身するタイプの子かな?」と思ったが、微妙だったのでとりあえずLINE交換して放流。

 

ZARA付近で、小柄だが細身で脚の綺麗な女がいたので、ご挨拶。

英語はそこそこ通じるが、かなり警戒していたため、ラポールに注力した。

旅行代理店で働いているとのこと。

7日目にこの子と会いました。

 

引き続きブラブラしていると、前方に脚が異様に長い女がいたので声掛け。

17歳と若すぎるため、とりあえずLINE交換して、熟すのを待つことにする。

 

20時頃、YASUさんと合流して、かなりハードコアな屋台へ連れて行ってもらった。

飲み物については持ち込み制とのことなので、セブンイレブンにビールを買出しに行った。

その途中で、長身の派手なOL風の女に声を掛けた。

英語はそこそこ通じる。

私がビールの買出しで急いでいると伝えたところ、すんなりLINE交換してくれた。

 

仕切り直して、乾杯!

今日は少し暖かいせいか、新調したビッグシルエットのMA1を着ていて汗をかいた。

 

21時前にいったんホテルに戻り、クラナンに向けて休憩。

 

YASUさんは到着直後の過密ナンパで熟睡。

私は興奮のあまり、全然眠れなかった。

 

「今日はまったりしようよ~」と自分の中の弱さに誘惑されたが・・・

「勝利の女神、ナンパの神様が見ているんだ!」と自分に言い聞かせて、いざElektro(エレクトロ)へ出陣!

 

1時半にATT 4 FUNに到着。

昼間は晴れていたが、夜中は微妙に霞が掛かっている。

10分くらい外で並んでから、ボディーチェックを受けてATT 4 FUNのビル内に入る。

 

Elektroのエントランス(6階)も長蛇の列。

どうやら今日も警察のガサ入れがあったようだ。

20人位の警察がクラブを後にすると、一気に入場することができた。

 

まずはパスポートを見せて年齢確認。

海外のクラブは、日本の免許証ではなくパスポートを持って行ってください。

ちなみに、1,000台湾ドル(約3,900円)で2ドリンクチケット付き。

 

2時くらいからクラナン開始!

まずは友達とはぐれた小柄な女に声を掛けた。

香港人ということで、英語は通じる。

私が日本人だということを伝えたら、急に食いつきが加速した。

旅行で台北に来ていて、SIMカードが無いようだったので、WeChat IDを教えておいた。

たまに東京に来るみたいなので、次の機会に会う約束をします。

 

3時過ぎの最もアツい時間帯なのにも関わらず、グループが崩れてない・・・

それもそのはず、2時までガサ入れで営業が止まっていたで、場が温まっていないのも当然である。

台湾のクラブは観光客が多いのため、1人で来ても特段変には見られないのですが、大体はグループで来ています。

 

4時~4時半には閉店してしまうことを考えると、場が温まるのを待つのがもったい。

よし!心機一転、ストナンに切り替えよう!

私はElektroを後にした。

それにしても、台湾人は脚が綺麗だ。

 

ATT 4 FUNの周辺は雨であまり人がいなかったため、ホテル近くのOMNIというクラブ前に移動した。

ホテルの路地裏に入ったところに、水商売の香りがするスタイルの良い女が歩いていたので、即行声を掛けた。

英語が通じているか微妙で、仕事先に向かうようだったので、とりあえずLINE交換した。

 

昨日金曜よりもOMNIの前に人がいないため、3時過ぎ頃、ホテルに撤収した、

今回のイメチェンによって、私がカジュアル寄りなK-POP系の服を着ると、スウェットを着た中国人のようにに見えてオープンしにくくなる可能性があることが分かった。

少なくとも、背丈がないと子供っぽく見えるため、買った服はパジャマにしようと思う。

 

ちなみに、この日もYASUさんとカフェでYouTube Live(生放送)をしました。

お題は・・・

  • 行動力の源泉
  • 行動に対するリスクの考え方
  • 非言語(ノンバーバル)コミュニケーションの重要性
  • 女性に話してはいけないコト

 

男の旅行~台湾ナンパツアー①~3日目(連れ出し後にLINE交換を忘れた夜)
 

今だけの無料メール講座への登録はこちらから

メルマガ登録で、今なら無料メール講座


『世界にたった1%しかいない本物のモテ男になる7日間』



を配信します。

また、アポからホテル連れ込みまでの会話音声(解説+音声テキスト付き)もプレゼント!



さらに、女性に声を掛けてカフェに連れ出すまでの音声を7本・立て続けにスペシャル配信!!

女性から口説かれる男になる女性真理をあなたへ。

外国人女性・日本人女性を問わず、普遍的にモテる男になる心理法則・技術・手順を余すことなく凝縮しました!

なお、7日目(7通目)まで読んで理解いただければ、あなたも女性心理本当にモテる男の構造の全容を理解するとともに、


世界にたった1%しかいない本物のモテ男



になる切符を手にしたも同然になります。

あとは、お伝えした知識と技術を、スタイリッシュに使えばいいだけ。

スタイル抜群な美女や外国人女性と、素敵で妖艶な人生を楽しんでください。



↓登録はこちらから↓


この記事を書いている人 - WRITER -
海外勤務と外資系企業で働いた経験を持つ、35歳の専業ナンパ師。 19歳の時にナンパで童貞を捨てた後、スタイルを変えたり心理学を取り入れながら、世界的な伊達男になるべく今もなお進化し続けている。 日本人女性のみならず、好みの女性であれば国籍問わず声を掛ける、イタリア人よりもイタリア人っぽい男。 モットーは「自分らしく我が道(まま)に、そして周りを幸せに」 2017年の秋に長年のサラリーマン生活に別れを告げ、ボーダレスかつスタイリッシュな、常識にとらわれない「モテ方」を発信している。
 

Copyright© 我が道を極める、ボーダレス・ナンパ術 , 2018 All Rights Reserved.