台湾(台北)ナンパ

男の旅行~台湾ナンパツアー①~1日目(後編・クラブから韓国人女性をお持ち帰り)

男の旅行~台湾ナンパツアー①~1日目の後編。

なお、外国人ナンパ攻略法については、こちらで網羅してありますので、ご参考にしてください。

※本記事には前編と中編もあります。
■ 男の旅行~台湾ナンパツアー①~1日目(前編・準備~現地到着)
■ 男の旅行~台湾ナンパツアー①~1日目(中編・情報戦)

台湾で最も女のレベルが高いと言われるクラブから、韓国人女性をお持ち帰りしました。

ドアが薄いホテルだったので、廊下に喘ぎ声が響き渡っていないかドキドキした夜について赤裸々に語ります。

 

ホテルで仮眠を取り、0時ちょうどにYASUさんと合流してATT 4 FUNというショッピングモールにタクシーで向かった。

ATT 4 FUNは、お台場のダイバーシティ東京のようなショッピングモールをイメージしていただくと分かりやすいかと思います。

昼はショッピングモール、夜はクラブになるといった具合です。

滞在先のホテル(Eastern Star Hotel)の反対側の道路からタクシーに乗った。

タクシーで片道約135台湾ドル(約500円)なのでサクッと行けます。


※画像をクリックすると拡大できます。

Googleマップだと、ここにあります。

外観はこんな感じ。

 

まずはATT 4 FUN周辺で軽くストリートナンパ。

この辺だと夜中でも人がいます。

顔の派手目な女に声を掛けたところ、某クラブのスタッフとファッション関係の仕事を掛け持ちしているとのこと。

英語は少し話せる。

友達と待ち合わせとのことなので、とりあえずLINEゲット。

本気を出すと、こんなに妖艶になる。

 

ATT 4 FUNの7階(エントランスは6階)にある、Elektro(エレクトロ)という台湾一アツいクラブに行ってみた。

まずはパスポートを見せて年齢確認。

※海外のクラブは、日本の免許証ではなくパスポートを持って行ってください。

1,000台湾ドル(約3,900円)で2ドリンク分のチケットが付いています。

お金を払うとドリンクチケットと一緒に腕へ蛍光スタンプを押される。

このスタンプがあれば、いったん外へ出ても再入場可能という訳だ。

ちなみに、Elektroの入り方と雰囲気については、この台湾人YouTuberが隅々まで撮影しています。

Elektroの中はこんな感じ。

日本のクラブのような男祭り感はなく、男女比は6:4くらいで非常にバランスが良い

また、オラついた輩もいなければ、他の東南アジア圏や日本のような欧米人優越感(Western Supremacy)もないため、白人だからモテやすいなどといったこともない。

極めて健全だ。

 

1人で2人組の女に話しかけた。

両方とも英語はしゃべれる。

片方の女と話し込んでいる最中、突然ダンスフロアが明るくなり、警察が入ってきた。

ガサ入れだ。

台湾ではクラブ経営自体は禁止されていないみたいだが、定期的に未成年が混ざっていないかどうかチェックしているようだ。

※ちなみに、Elektroは私の行った日の金曜と土曜から、2週間続けて(4回続けて)ガサ入れがありました。

 

ダンスフロアが明るくなったので、逆に女としっかり目を合わせて会話できる。

クラブマジックも解け、お互いの戦闘力も丸裸。

少し脚が太かったかな~と思いながら、とりあえずLINEゲット。

 

ガサ入れ最中に女と会話をしていると、クラブの店員から中国語で「〇%×&□$△(大声を出して話すな)」と何度も注意される。

店員の雰囲気は、六本木のV2を少しマイルドにした感じ。

客を客だとは思っていない。

ちょっと面倒くさいので、YASUさんと他のクラブに行くことにした。

 

1:30頃、ATT 4 FUNの9階にあるPure(ピュア)というクラブへ、不純な気持ちで入った。

ここはMystかHaloが新装開店したとみられるクラブ。

1,000台湾ドル(約3,900円)で2ドリンク分のチケットが付いています。

ちなみに、Pureの中はこんな感じ。

白人のグループしかいなく、全然客が入っていなかったため、ドリンクチケットを使ってから足早に外に出た。

 

2時にElektroに戻ると長蛇の列。

皆、ガサ入れが終わるのを待っている模様。

 

警察がクラブから立ち退いた後、Elektroに再入場した。

とはいえ、一度客が外に出てしまったため、そんなに人は入っていない。

 

台北到着直後の活動であるため、疲労でモチベーションが沸かなかったが、とりあえず1人になっている子に声掛け。

私「ハロー!英語か日本語しゃべれる?」

女「ニホンゴ、チョット、ハナセル」

私「どこから来たの?」

女「カンコク」

私「アニョハセヨ」

女「ww」

私「今ひとり?」

女「ハイ」

 

食いつきが良かったので、ダンスフロアから少し離れた人込みの少ないところへ誘導。

自然に相手の笑い反応と同時にボディータッチをして、それをエスカレートしていく。

腰に手を回してから、タイミングを見計らってキス。

 

ノーグダ。

 

さらに、キスと同時に女の後頭部の髪の毛を少し引っ張る。

人間が猿だった頃、オスがメスの後頭部の髪を捕まえて交尾をしていたため、これを利用して本能的な性的スイッチを入れさせる。
(下手にやると不快感を与えてしまうので注意してください)

 

暫くイチャイチャした後、「別の場所行こうよ」と言って、一緒に外へ出る。

そこからスマートにタクシーに乗って、ホテルへGo!

女も既にスイッチが入ってしまっているため、素直に従う。

 

ホテルのフロントに苦笑いをされながらも、部屋に到着。

部屋に入ってから、早速続きの開始。

お互い良い頃合いになってから、枕の下に仕込んでおいたサガミオリジナルの0.01mmの極薄コ〇ドームを装着。

女も初めて経験する0.01mmの世界に歓喜の声を上げる。

喜んでもらうのはいいが・・・

 

喘ぎ声が大きすぎる(汗)

 

ドアが薄くてフロントから近い部屋だったので、喘ぎ声が聞こえないように女の口を何度も押さえた。

口を押えられ逆に興奮してしまったせいか、女の喘ぎ声はさらに大きくなる。

 

そんなこんなで、お互いの声を殺しながらフィニッシュ。

 

もともとは貞操観念の強いお固い子だったみたいで、しっかりコ〇ドームを付けていたにも関わらず、後日「最後に性病をチェックしたのはいつ?」と必死に聞いてきました。

逆に私も安心した。

おそらく、プロっぽい印象を与えてしまったためかもしれませんが・・・

 

コトが済んだら女が帰ると言い出したので、すんなり放流。

2時半過ぎにYASUさんと合流して、Elektroへ再入場。

台湾のクラブは4時~4時半にはクローズするため、この時間となると人が少なくなってきた。

大体は男女一緒のグループになって、二次会に行くように見える。

 

Elektroから出て、ATT 4 FUN周辺でストリートナンパ開始。

YASUさんと2人組のOLに声を掛けた。

この子達は普通に英語が話せた。

何の難しさもなくLINEゲットしたが、台湾人は日本人よりも見た目が若い!

この子達も最初は女子大生かと思った。

温かい気候で、日本よりもストレスが少なく、コーヒーやアルコールを飲む習慣がないため、肌ツヤや体形を維持できているのだろうと思う。

 

その後、場所を移して、ホテルの近くにあるOMNIというクラブの入口付近でストリートナンパをした。

昼間の写真ですが、この建物の5階です。

念のため地図も。

そして、1人で暇そうにしているタイとどこかのハーフの女からLINEゲット。

英語を話せる子だったが、整形顔だったのが気になる。

そんなこんなで、初日から朝まで色々飛ばしてしまったので、屋台の怪しい揚げ物を食べてからホテルへ帰ることにした。

 

男の旅行~台湾ナンパツアー①~2日目(台湾のファッションを追い求めた日)
 

進化したい貴方のための、メルマガ登録はこちらから

中年の中年による中年の進化のためのメルマガやってます。

一般女性との性長過程ハプニング露出シェアしていきますので、お楽しみに!

↓登録はこちらから↓


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です