2018/01/17

ネトナンで即日お持ち帰り〜ドン引きするほどの超絶美女

 

この記事を書いている人 - WRITER -
海外勤務と外資系企業で働いた経験を持つ、35際の専業ナンパ師。 19歳の時にナンパで童貞を捨て後、スタイルを変えたり心理学を取り入れながら、現在も世界的な伊達男になるべく進化し続けている。 日本人女性のみならず、好みの女性であれば国籍問わず声を掛ける、イタリア人よりもイタリア人っぽい男。 2017年の秋にサラリーマン生活に別れを告げ、ボーダレスな美女専ナンパスタイルを発信している。

最近は週3くらいで某マッチングアプリ(出会い系)のアポが入っているため、

ストナンのアポとバッティングしまくってますw

今まではネトナンに全く期待していなかったため、

ほどんど放置プレーだったののですが、

一昨日は合流時に女性のスペックがヤバかったので、

その日のストナン案件(こちらも久しぶりの大物)のアポ取りをやめました。

今回は会うまでのヒヤヒヤ感やギラつくポイントについても

赤裸々に語りたいと思います。

かなり淫らな表現を連発しますが、

僕の思いというか興奮を素直に伝えたいと思いますw

なお、マッチングアプリ全体に使えるテクニックについてはこちらをご参考にしてください。

一昨日の午後2時、待ち合わせ場所はハチ公前。

会う時間帯を昼過ぎにしているのは、まずはカフェだけに留めて

微妙だったときに放流しやすくするためです。

「スレンダー」「長身」「ハーフ顔」

この3つのキーワードを胸に、

ハチ公前で「この子かな〜?いやー後ろの子か??」

と胸と股間をアツくして女と待ち合わせをしていましたw

ちょうどハチ公前に、ポッチャリ目の冴えない女がいて目線が合ったので

「おいおい、マジかよ!1時間後にスト案件のアポ入れとこ!」

と焦りながらLINEを打ち始めたころ、

その女の斜め左にいた顔立ちが派手な女が微笑んだ。

どうやらその子が待ち合わせ相手だった様子。

まずは一安心。

その子が徐々に近づいてくる・・

「おおおお!!めちゃくちゃ美人やんけ!!」

脚フェチの僕からしてみたら100点マン点の脚ではなかったものの、

スレンダー166cmの長身

顔はちょうどローラとスザンヌを足して2で割った感じ

強めなエキゾチック系の美女だった。

いつものカフェにて店員から「またコイツかよ。一体何者?」的な

視線を浴びながらもw、

L字席が埋まっていたので仕方なしに対面席に座った。

待ち合わせ時のファーストコンタクトで

そこそこ強めにSっ気なインパクトを与えられたので、

カフェでは若干マイルドにイジながらラポール(和み)へ移行した。

フロア中央部にある対面席に案内されたため、

  • 物理的にパーソナルスペースへ入れない状況でどう心理的な距離感を縮めるか。
  • フロア中央という人目に付く環境でどうやって自分達の世界作り(Us Bubble)を作るか。

について色々考えながら会話をしていたところ・・・

テーブルに着いてから20分も経たないうちに

女から立て続けに以下の食い付きサインをもらいました。

  • 女がテーブルに両肘を乗せて会話に食い付いている。
    ポジティブ・ボディーランゲージと呼ばれ、女がこちらに非常に興味があり男が主導権を取れていることを示しています。
  • 時折、首元を隠すかのようなボディーランゲージを見せた。
    サブミッシブ(服従的・従属的)・ボディーランゲージと呼ばれ、女らしく弱々しく振る舞うことにより、男に大切にしてもらおうとしている。
  • 「どのくらい彼女いないの?」「どんな子がタイプなの?」と恋愛系の質問をしてきた。
    →男を異性として意識しているサイン。
    なお、「どんな子がタイプなの?」と女から聞かれたら、「オープンで積極的で能天気な子」と返答してください。
    「オープンで積極的」は女が性欲に対して積極的になってもよいという暗黙の受け入れを示していて、「能天気」の部分でイヤラシ過ぎないようにイジりを入れています。

ハズレを引いた場合にサクッと切り上げられるようにカフェアポにしていたのだが、

「お酒飲めるんだったら、最初から飲みに誘ってくれればよかったのに〜」という展開。

騒がしいカウンター席でパーソナルスペースを崩しながら

軽くボディータッチを済ませたほうが自宅打診がしやすいと判断したため、

いつもの導線内にあるアイリッシュ・パブに移動した。

女がこの後女子会に行くようだったので、

午後4時から夕方までの短時間で仕上げる覚悟を決めました!

アイリッシュ・パブに到着してから、カウンター席にて女の右側に座った。

NLP・心理学的には右脳がクロスしている左目に近い方、

すなわち左側に座るのがいいのかもしれないが、

僕の場合、経験的に右側に座った方が上手く行く気がしているからだ。

女が笑ったときにボディータッチをすることにより

「僕のボディータッチ=楽しさ」となるようにアンカリングをしていると、

女が意図的かどうか分からないが、その子の脚を僕の脚へ密着させてきた。

互いの脚が密着するシチュエーションはセックス以外に無いため

これはもうイケるなと心の中でガッツポーズw

脚フェチというかオタクの領域にいる僕は、

ガマン汁をほとばしらせながらもw会話を続ける・・

今度は女が「私、ふくらはぎの内側がシシャモなのよ」

ふくらはぎを見せてきた。

「え?まじで?」としらばっくれながら、ふくらはぎを触る俺ww

ボディータッチにはタイミングや長さ、触る場所など色々と法則があるのですが、

ふくらはぎへのタッチはもうタッチというか、

もはや前戯の一部w

ここで再度、女から「どんな子がタイプ」と質問があったので

強めの美女にディープインパクトを与える一言を言い放ちました。

「俺、強めの女を崩したいんだよねw」

はい、何気ないこの切り返しには3つの意味が含まれています。

  • 強めの女・長身で一見近づきにくい女を肯定してあげている。
  • かなりのSっ気・男らしさを示している。
    →強めの女に対してこのような嗜好・言動をする男はあまりいないため、かなりのインパクトを与えられます。
  • 「崩したい=セックス」であるため、今後期待している展開・関係を植え付けられる。

その後、グリップテスト(ハンドテスト)もスムーズに終え、

グリップテストの応用版である疑似手マンをして

女にセクシャルなイメージや今後の展開を予感させた。

疑似手マンとは、女の手のひらに男の中指を這わせたり擦り付けたりして

手マンを彷彿させるテクニックです。

なお、これはSeduction(ギラつき)フェーズで行うものであるので、

最初からやらないでくださいねw

そんなこんなで、自宅打診をしたところ、

「内見ならいいよ」

と女自らがきわめて不自然な理由wを作ってくれたので

スムーズに自宅イン。

もうここからはグダの心配や駆け引きはなくて、

むしろ女のエロさとスペックに驚くばかりw

自宅についてソファーに座ったとたん、

僕らはディープキスをし始めた。

胸を触ろうとしたら、拒否るどころか

僕の手を自分の胸に押し付けてきたw

服の上からオッパイを堪能しながらチン出ししたところ、

これまた、何のためらいもなく自発的に僕のアレを咥えてきたw

「強めな顔しておいて、なんて奉仕的な女だww」

そもままベッドインすべく女の服を脱がせたところ、とんでもないことが発覚・・・

「スレンダーなのに、巨乳やないかい!w」

ええ、脚フェチなのでオッパイに期待していない僕にとっては、

とても嬉しい誤算でした。

なんせEカップありましたから。

美巨乳をペロリンチョしながら手マンをしてみると、

マンホールの中は既に大洪水w

聞いてみると、アイリッシュ・パブで疑似手マン

をしているときから濡れ始めていたとのこと。

キスと手マンをして5分も経たないうちに

女が辛抱たまらなくなったのか、

自ら僕のシフトレバーを握り

女のマンホールへ誘導し始めました

しかも全身脱毛済みの綺麗なパイパンだったので、

僕のシフトレバーは折れる限界まで

シフトチェンジされてしまいました。

結局、1時間半で3回戦してしまい(もう1回できた気がしますw)

お互い大満足な時間を過ごすことができました。

性格が良くて、

スレンダーなのに美巨乳、

そして、綺麗なパイパン

きわめつけに、滅茶苦茶エロい・・・

キープ確定っす!

なお、マッチングアプリでのネトナンに興味があるようでしたら

個別に連絡ください。

こんな女と接しているとセルフイメージが爆上がりしますし、

人生が非常に前向きになります。

今後も前向きな美女を前向きにナンパして、

前向きな触れ合いをしていきたいと思います。

※今なら無料メルマガ登録で、実録ナンパ音声(解説+音声テキスト付き)を数本贈呈いたします。

↓登録はこちらから↓

この記事を書いている人 - WRITER -
海外勤務と外資系企業で働いた経験を持つ、35際の専業ナンパ師。 19歳の時にナンパで童貞を捨て後、スタイルを変えたり心理学を取り入れながら、現在も世界的な伊達男になるべく進化し続けている。 日本人女性のみならず、好みの女性であれば国籍問わず声を掛ける、イタリア人よりもイタリア人っぽい男。 2017年の秋にサラリーマン生活に別れを告げ、ボーダレスな美女専ナンパスタイルを発信している。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 我が道を極める、ボーダレス・ナンパ術 , 2017 All Rights Reserved.