ここでは最も顔面年齢に影響すると言われる「クマ」の治療について記載いたします。

※この記事は以下の記事のサブコンテンツです。
ナンパのためのアンチエイジング(グレーなやつ)

なお、本記事は医療行為を勧めているものではありません。
よって、ご自身の決断で発生した結果については全て自己責任でお願いします。

クマが最も見た目年齢に影響する

人が人を見る時、主にどこを見るでしょうか?
答えはです。

ということは、目の下のクマの程度によって、
人の疲れ具合とか、人の老化すなわち見た目年齢に関わる
かなりの情報が推し量られているということになります。

よって、顔の老化に物理的に対処したいのであれば、
この「クマ」「ほうれい線」を解消すれば大体は大丈夫です。

クマの種類

「昨日徹夜で寝てなくてさ、目の下のクマがひどいわ〜」

と嘆いたことはありませんか?



睡眠不足や疲労が溜まると、血液の流れが悪くなり、
肌の細胞に充分な酸素や栄養が行き渡らない状態になります。

そんな状態だと、血液中の赤い色素「ヘモグロビン」が黒く変色して、
目の周りから透けて見えるようになります。
これが「赤クマ」です。

でもこれは老若男女が経験する類のクマであって、
加齢によるクマではないです。

一方、「茶クマ」は女性に多く、メイクを落とす時などに、
目の下を擦ることにより色素沈着してしまった状態のことを言います。

僕もハロウィンでジャック・スパロウに変装した後、
アイラインを引いた目の下をメイク落としでゴシゴシ擦った際、
一時的にこの茶クマができましたw



上記2つの赤クマ茶クマについては、生活習慣を見直せば
新陳代謝により改善されます。

しかし、我々ハードボイルドな男wが戦わなければならないクマは、
この類のクマではなく3つ目のクマ、そう「黒クマ」なのです!!

黒クマの判定方法と原因、解消方法

仮にあなたの目の下にクマらしきものがあったとしましょう。
試しに、頬の少し上に指をあてて「あっかんべー」をしてみてください。



どうでしょう?そのクマらしきものは消えたでしょうか?


もし、そのクマらしき陰影が消えたのならば、
それは間違いなく黒クマです!


黒クマとは、加齢により眼球の裏側にある眼窩脂肪が
目の下へズレ落ちるとともに(下図①と②)、
目の下にある脂肪が皮膚と一緒に垂れ下がることにより(下図③)、
目の下に凹凸凹状の陰影が出来てしまう状態のことを言います。



分かりやすい例として、民●党の黒クマ代表といえばこの方でしょうかw



なので、この症状を解消するためには、
物理的に凸になっている眼窩脂肪を除去する(下図①)とともに、
他の部位(例えばお腹や太もも)から抽出した脂肪を、凹になっている部分に
注入する(下図②)ことにより目の下を平坦にする必要があります。

脂肪の抽出方法や濃縮方法、注入針など色々検討するポイントはあるのですが、
特に脂肪の濃縮方法は、平坦になるよう注入された脂肪の定着率に影響するため、
安いやつ(遠心分離)ではなく高いやつ(ピュアグラフト・濾過式)を選びました。



黒クマ治療の痛みとダウンタイム、効果の持続期間

お腹の脂肪抽出の際に、細い管みたいなのをヘソから
お腹全体に広がる感じに数本通したのですが、
これが麻酔をかけていても結構痛かった(汗)

とはいっても、目の下だの、お腹から脂肪を抽出するだの、
めっちゃ怖い手術に聞こえますが、
実際はほとんどメスを使わない(主に注射針を使う)ため、
ダウンタイム(社会生活に復帰できる期間)が短く、
美容外科としては盲点で気付かれにくい手術だと言えます。
(木曜か金曜に治療すれば、100均のファンでで隠して、
 なんとか翌週には会社に行けます。)

効果の持続期間については10年間だの永久だの言われていますが、
僕は今のところ手術後と今とで、目の下に大きな変化はありません。
まあ、普通に考えると継続的な老化とともに再度クマは形成されるかと思いますが。

アルファのビフォーアンドアフター

さてと、「じゃあ、お前はコレやったんかい?」「結果見せろや!」
声援を頂きそうなのでw
僕のビフォーアンドアフターを公開します!

■ビフォー(2015/6/21 手術前)


■手術1日後


■アフター(2017/2/18 撮影時)

費用

抽出した脂肪の定着率の高い濃縮方法を選んだため、
50万〜60万円程かかりました。
上記の持続期間とビフォーアンドアフターを見ると、
良い自己投資だったかなと思っています。

そんなこんなで、次回は顔面年齢を若返らせるw「ほうれい線」の治療について
語りたいと思います。

それでは!

※今なら無料メルマガ登録で、実録ナンパ音声(解説+音声テキスト付き)を
数本贈呈いたします。

詳細はこちらから↓
無料メルマガ&ボーダレス・コミュニティーについて