2018/04/07

自分のナンパ・会話音声を聞き返して、今後の改善に活かしたいとき

 

 

 

トークの上達の近道は上手い人の模倣と言われていますが、模倣したつもりでも、実際自分がどのようなテンポ、声質、滑舌で喋っているかについては録音してみないと分からないものです。

実際の自分のトークが把握できなければ、現在の状況や改善、上達しているのかの判別は難しいため録音して聞いてみることをお勧めします。

 

私はというか、ナンパ音声を録音しているナンパ師がほぼ全員が使っているボイスレコーダーがあるのですが、こちらになります。

 

 

 

かなりスリムかつスティック状、クリップが付いているので持ち運びに便利です。

私の周りのナンパ師は、このボイスレコーダーの黒いやつを常に携帯しています。
財布やスマホと同じくらい重要な感じです。

 

あと、使用上のコツとかあるのでお伝えしますね。

使用上のコツ

  • ズボンやパンツのポケットに入れた状態では声が拾えきれないため、胸元のポケットか、見えなければタンクトップやシャツなどのインナーの首元にクリップで引っ掛けておくと、しっかり音声が取れます。
  • ジャケットやシャツの色が明るい色の場合、胸元のポケットにクリップで引っ掛けないでポケットに入れちゃってください。
    (クリップ部分が目立ってしまい、ボイスレコーダーを仕込んでいることがバレてしまうため)
  • 声を掛ける都度、録音開始と停止ボタンを押すのではなく、声を掛け終わったら録音停止と録音開始をしてください。
    (声かけ開始時は、録音ボタンを押す余裕がないため)

    もしくは、ステレオで268時間、モノラルで715時間と最大23日間録音し続けられるので、むしろ録音しっぱなしでも大丈夫です。

    音声に区切りを付けたいというタイミングで、録音停止と録音開始をするだけです。
    (私はこの方式で録音しています)

 

最初は自分の声を聞くと、恥ずかしさを通り越して・・・

「てか、俺の声キモくね?」とアレルギー反応的なものが出てきますがw、すぐに慣れますし、自分の喋り声を聞けば聞くほど、なぜか声のトーンとか会話が改善されていきます。

 

「私がフル活用している恋愛・ナンパ教材」に戻る

 

公開日:
最終更新日:2018/04/07

Copyright© モテスパイラル , 2018 All Rights Reserved.