2018/02/23

外国人ナンパで即日お持ち帰り〜インドネシア人キャリアウーマン

 

この記事を書いている人 - WRITER -
海外勤務と外資系企業で働いた経験を持つ、35歳の専業ナンパ師。 19歳の時にナンパで童貞を捨てた後、スタイルを変えたり心理学を取り入れながら、世界的な伊達男になるべく今もなお進化し続けている。 日本人女性のみならず、好みの女性であれば国籍問わず声を掛ける、イタリア人よりもイタリア人っぽい男。 モットーは「自分らしく我が道(まま)に、そして周りを幸せに」 2017年の秋に長年のサラリーマン生活に別れを告げ、ボーダレスかつスタイリッシュな、常識にとらわれない「モテ方」を発信している。

前回のシンガポール人旅行者の即日お持ち帰り記事のついでに、アジア人女性のお持ち帰り記事を連投します。

以前即日お持ち帰りしたインドネシア人キャリアウーマンが来日したので、思わずおかわりしてしまいました。
やっぱり南国系の外国人女性は口説くための細かな駆け引きや手順、タイミングを気にしなくていいので、気持ちが楽だなと思いました。

ここでは、その子と出会ったときのストーリーを赤裸々に語ります。

 

あれは確か、私の花粉症が収まりかけてきた今年の5月末だったかな。

スキニーパンツをはいた脚の綺麗な子が、渋谷のみずほ銀行の前でスマホをイジっていたので、さりげなく声を掛けた。

全く日本語が通じなかったので、英語に切り替えて事情聴取。

どうやら、インドネシア人の女の子で、1人で渋谷に来たはいいが・・・

 

買い物が早く済んで、暇で困っているらしい。

 


※本人なので、モザイクをかけてます。

なお、外国人ナンパ攻略法についてはこちらで網羅してありますので、ご参考にしてください。

 

ここは「日本男児として手厚く“おもてなし”をしなければ!」と不純な命感に駆られて、私がよく使うL字席のカフェに連れ出した。

いつも通りイジって、笑わせて、笑いの反応が出たところで、さり気ないボディータッチでアンカリング。

アンカリングとは、ある特定の行動による気持ちの条件反射のことなんですけど、ここでは私がボディータッチをしたら楽しい気持ちになるという条件付けを行いました。

 

ボディータッチで楽しい気持ちになるということは、ベッドインは凄く楽しいってことですからね!

 

カフェに行ったものの、結局2人でビールを飲んでいたので、切りの良いとこで「Let’s go to another place!(別の場所に行こう!)」と打診して、タクって家までスムーズにお持ち帰りしました!

 

その後、何のグダもなくにコトが運び・・・

 

「明かりを付けてフェラ動画を撮ろう!」と打診したところ、
「私にもその動画送ってね!絶対友達とシェアしないから!」
「別に俺写ってないし、立場逆じゃないかな~?」的なことになっていました。

 

まあ、その子、自分の友達にフェラ動画送ったと思いますけど、絶対。

 

そんなこんなで非常にセクシーな子だったので、結局3回戦してお互い満足感に浸ってました。

 

こんな感じで英語をマスターすればナンパの幅が広がり、エキゾチックな経験を楽しめます。

受験英語で英語アレルギーになっている方も多いと思いますが、全く別のアプローチで勉強すれば、あっけなく習得できたりします。

是非ともトライしてみてはいかがでしょうか?

なお、ナンパのための英会話力の爆上げ方法についてはこちらをご参考にしてください。

 

今だけの無料メール講座への登録はこちらから

メルマガ登録で、今なら無料メール講座


『世界にたった1%しかいない本物のモテ男になる7日間』



を配信します。

また、アポからホテル連れ込みまでの会話音声(解説+音声テキスト付き)もプレゼント!



さらに、女性に声を掛けてカフェに連れ出すまでの音声を7本・立て続けにスペシャル配信!!

女性から口説かれる男になる女性真理をあなたへ。

外国人女性・日本人女性を問わず、普遍的にモテる男になる心理法則・技術・手順を余すことなく凝縮しました!

なお、7日目(7通目)まで読んで理解いただければ、あなたも女性心理本当にモテる男の構造の全容を理解するとともに、


世界にたった1%しかいない本物のモテ男



になる切符を手にしたも同然になります。

あとは、お伝えした知識と技術を、スタイリッシュに使えばいいだけ。

スタイル抜群な美女や外国人女性と、素敵で妖艶な人生を楽しんでください。



↓登録はこちらから↓


この記事を書いている人 - WRITER -
海外勤務と外資系企業で働いた経験を持つ、35歳の専業ナンパ師。 19歳の時にナンパで童貞を捨てた後、スタイルを変えたり心理学を取り入れながら、世界的な伊達男になるべく今もなお進化し続けている。 日本人女性のみならず、好みの女性であれば国籍問わず声を掛ける、イタリア人よりもイタリア人っぽい男。 モットーは「自分らしく我が道(まま)に、そして周りを幸せに」 2017年の秋に長年のサラリーマン生活に別れを告げ、ボーダレスかつスタイリッシュな、常識にとらわれない「モテ方」を発信している。
 

Copyright© 我が道を極める、ボーダレス・ナンパ術 , 2017 All Rights Reserved.