イベントナンパ

EDC Japanとは?年齢層と場所、時間、服装、出会い・ナンパについて

ここではEDC Japan(EDC ジャパン)というダンスミュージック・フェスティバルの年齢層と場所、時間、服装、そして出会いやナンパについて、どこよりも深く、鋭く、そして違った角度から考察していきます。
18歳から参加可能な年齢層の若いイベントだけあって、色んなハプニングが生まれるイベントです。

なお、他のイベントナンパ記事については以下を参考にしてください。
■ ウルトラジャパン(Ultra Japan)での出会い・ナンパについて
■ 江ノ島海水浴場と由比ヶ浜での出会い方~ビーチナンパの全て

EDC Japanとは?

  • EDMというダンスミュージックの野外ミュージック・フェスティバルです。
  • ウルトラトゥモローランドと並んだ、世界3大EDMフェスティバルの1つです。
  • 日本には2017年に上陸し、ZOZOマリンスタジアム(千葉マリンスタジアム)で開催されています。

      ※画像をクリックすると拡大できます。
  • 日本のEDMのフェスティバルとしては、ウルトラに次いで2番目の8万人以上もの総動員数を誇る、釣り堀のようなイベントです。
  • 4月下旬から5月上旬の土日に開催されます。
  • ちなみに私は2017年は参加しておらず、2018年は土曜日のみ参戦しました。(日曜日は雨だったので撤退、雨でも基本的に中止にはなりません)
  • ウルトラとは異なり、18歳から入場可能であるため、来客者の平均年齢がウルトラより若めです。
  • ウルトラに比べてEDCは服装と露出が控えめで健全な雰囲気があります。
  • ウルトラよりもEDCの方が女性の品が良かったです。(ウルトラはスレてそうなギャルや輩といそうなDQN系女子、キャバ嬢系女子が多いため)
  • ウルトラが秋口の女子がスレれしまうタイミングに開催されるのに対して、EDCは春に開催されるため、女子の反応が良い。
  • 開催する時間帯は12:00〜22:00であるため、体力に自信があれば長期戦も可能です。
  • 1日のチケット代は16,000円程とお高いですが、ウルトラとは異なり、会場外でのナンパが出来ないため、チケットを購入する必要があります
  • チケットは当日に購入できるため、天気の様子を見ながら投資判断ができます。
  • ウルトラとは異なり、会場への再入場は出来ません
  • ウルトラとは異なり、会場外でラブテントは張れません。
    仮にテントを張れたとしても、会場への再入場が出来ないため、会場外でのナンパは美味しくありません。

【動画】若さ溢れるEDCの雰囲気

渋谷のハロウィンやウルトラほどの露出大会ではありませんが、露出が激しい女子もそこそこいます。

2018年の戦略と動向について

■開催期間・時間帯

  • 5月12日(土)と13(日)の2日間
  • 開始時間 12:00 – 終了時間 22:00

■最寄駅までのアクセス

  • 東京駅から近い方
    • 東京駅からはJR京葉線に乗って、「海浜幕張駅」で下車。
  • 大宮駅、南浦和駅、新松戸駅、西船橋駅から近い方
    • JR武蔵野線に乗って、市川塩浜駅か南船橋駅でJR京葉線に乗り換えて、「海浜幕張駅」で下車。
  • 千葉駅から近い方
    • 千葉駅からは千葉都市モノレールに乗って、千葉みなと駅でJR京葉線に乗り換えて、「海浜幕張駅」で下車。
  • 蘇我駅から近い方
    • 蘇我駅からはJR京葉線に乗って、「海浜幕張駅」で下車。

■最寄駅から会場までのアクセス


      ※画像をクリックすると拡大できます。
  • 会場の住所:千葉県千葉市美浜区美浜1(ZOZOマリンスタジアム)
  • 1日券をお持ちの貴方は、上記のルート①から入場してください。
  • 2日券をお持ちの貴方は、上記のルート②から入場してください。
    1. ※1日券と2日券とでゲートが異なるためご注意ください。

■チケットの価格

  • 1日券は16,000円、2日券は31,000円
    (会場の外ではナンパができないため、チケットを購入する必要があります)

■会場外ナンパの戦略マップ


      ※画像をクリックすると拡大できます。
  • 漁場①:サーキットと呼ばれる広々した砂浜のダンスエリア
    解放感があり雰囲気的には良いのだが、足場が悪く靴に砂が入るため個人的には好きではない。
  • 漁場②:ネオンガーデンと呼ばれるカラフルなダンスエリア
    特に盛り上がっていたり混んでる訳ではないため、ナンパ向きではない
  • 漁場③:スタジアム周辺の通り。
    人混みに付かれた子や非パリピ、暇な子がフラフラしているため、最もナンパに向いたエリアである。
  • 漁場④:スタジアム内のメインのダンスエリア
    暗くて混んでいるので、密着してボディータッチやキス位まではいけるのだが、混んでいて流れがないため次々とアプローチ出来ない
  • 漁場⑤(番外編):ZOZOマリンスタジアムから海浜幕張駅へ向かって帰る子を狙う手もあります。
    この場合、一度会場から出たら再入場出来ないことを念頭に置いてください。

■2018年の動向

  • 動員数はそこそこあったが、ハメを外す雰囲気ではない印象があった。
  • 外国人が多く来るため、外国人美女をナンパしたい方にもオススメ。
    なお、外国人ナンパ攻略法については、こちらで網羅してありますので、ご参考にしてください。

  • ウルトラとは異なり、死番(音信不通)率は低いのだが、夏に近付くにつれて女子もスレてしまうため、早めに料理しておく必要があります。
    この際、LINEのテクニックを知っておくと、凡ミスをしなくて済みます。
    なお、LINEで女性の心を鷲掴みにする方法については、こちらをご参考にしてください。

2018年の雰囲気、実績、そして学び

■参戦期間

  • 12日(土)のみ、チケットを購入して会場内でナンパをしました。
    →2日券を購入しましたが、13日(日)は雨だったため戦線離脱。

■事前準備

  • 当日参加することを決めたため、ノープランでした(笑)
  • スマホの充電器はマストアイテムなので持って行った。
    これが無いと、途中で戦線離脱することになります。
  • ラブテントが使えるかどうか分からなかったため、今年は持って行きませんでした。

■客層

  • 来客者の平均年齢がウルトラより若め。(18歳から入場可能であるため)
  • ウルトラに比べて、女子の服装と露出が控えめ
  • ウルトラよりも女性の品が良い。
  • 逆に、スレてそうなギャルや輩といそうなDQN系女子、キャバ嬢系女子は少ない。

■ナンパ方針

  • アメリカ人の友人2人と日米合同ナンパ演習を行うことになった。
  • 彼らが借りている六本木のペントハウスに、3人組をお持ち帰りするのがミッション。
  • 女性と言葉の壁が発生しそうだが、彼らは白人であるため、逆に日本人女性から外国人特別対応をモロに引き出すよう指導した。
  • 友人の1人が終始ニヤ付いていて、女性に引かれそうな雰囲気を醸し出してため(笑)、チーム全体で女性グループを落とすことを基本戦略にした。
  • 流れとしては、私が女性グループに声を掛ける→友人Aが女性の1人を顔刺しで押さえる→私と友人Bが他の女性と会話をする→互いにフォローしてグループを落とす、といった感じです。

■実績

  • LINE/連絡先交換:5
  • 即日ベッドイン:1
  • その後のアポ:[これから実施、乞うご期待]
  • 準即日ベッドイン:[これから実施、乞うご期待]

■振り返りと学び

  • チケットは2日とも、それぞれ当日に天気を見てから購入すること。
  • ウルトラとは異なり、会場外でラブテントは張れない。
  • 開催地が僻地かつ帰りの電車が激混みであるため、開催地近くのホテルを予約しておくと良い。
  • 結局、日本人女性ウケの良い友人はスマホを紛失して戦意喪失、もう一人のニヤ男は性欲暴走して単独で下手打ちに走ってしまったため、チームとして全く機能しなかった。
  • 帰り際に、京都から来た看護師をサクッとお持ち帰りした。
  • 来年はオールジャパン、かつ偶数メンバーで行こうと思う。(2人組の女性がほとんどであるため)
  • SuicaやPASMOは、あらかじめチャージしておいてください。
    そうしないと、帰りの切符売り場で長蛇の列に並ぶハメになります。

      ※帰りの切符売り場はこんな感じで激混みです。

 

いかがでしたでしょうか?

2019年のEDCも、新鮮な女子で溢れ返ること確実ですので、上記のような早めの準備をオススメします。

なお、ウルトラジャパン(Ultra Japan)については、こちらの記事をご参考にしてください。
 

進化したい貴方のための、メルマガ登録はこちらから

中年の中年による中年の進化のためのメルマガやってます。

一般女性との性長過程ハプニング露出シェアしていきますので、お楽しみに!

↓登録はこちらから↓


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です