4月後半、僕は数年ぶりに昼間の渋谷でガチのストリートナンパを再開した。

天気はさほど良くはなかったが、外に出歩くには心地よい気温だった。



スクランブル交差点付近を歩いていると、背が高く明らかにモデルをやってそうな子が

待ち合わせか何かで携帯をいじりながら立ち止まっていた。



渋谷でも目立ちまくる程スタイルが良かったためか、キャッチを含め誰からも

声を掛けられていない感じ。(僕自身、軽く引いていましたw)



ここで声を掛けたら数ヶ月は後悔するだろうと直感したため、

何の躊躇もなく声掛けした。



「おーっす、元気?」と声を掛けたが、意外にも返事がカタコトの日本語。

どうやら中国の片田舎からやってきたファッションモデルだとのこと。

とりあえず互いに最低限のコミュニケーションの取れる言語が

日本語であることを確認したので、

日本語が通じているかどうかはお構いなしに、

Sっ気のあるトークでからかいまくっていました。

なお、外人ナンパ攻略法についてこちらで網羅してありますので、
ご参考にしてください。



高スペックだったので逆に開き直ることができまして、

言い方は悪いのですが「練習用のマネキン」だと思って喋っていました。



カフェへ連れ出そうとしたが友達との約束があるらしく、

その場ではLINEの交換にとどまった。



帰宅してからちょうど寝ようとしていたところ、

突然その子からLINEメッセージが来た。



「居酒屋にいるんだけど、友達が帰って一人ぼっちだから来てくれない?」

と逆飲み打診。

「こりゃ何か怪しいぞ・・」とこの逆打診を疑いながらも

急いで髪をセットしてタクシーに乗り込んだ。



道に迷いながらも、その子のいる居酒屋に着きました。

韓国料理の居酒屋だった。



奥のテーブルにその子が座っていた。

ショーパンから剥き出しの超絶美脚に目が行ってしまうのを抑えながら、

対面席なのにも関わらず、なんの躊躇いもなくその子の隣に座った。

対面席しかない居酒屋なので、明らかに不自然な座り方だw



ここで、先に飲んでいたこととナンパ時にからかいまくっていたことが効いていたためか

その子は最初から僕にベタベタとボディータッチをしてきた。



何も聞いていないのに、前日にその子の愛犬が交通事故で亡くなってしまい立ち直れないと

打ち明け話をしてくれたり、本当はお花屋さんでバイトをしたいのだが

日本人では実現不可能な脚の長さを理由にモデルの事務所を辞めさせてもらえない、

などの悩みも開示してくれました。



後述するのだが、ここでからかいを緩めて十分をラポールを行うべきであったと反省している。



会話が弾んで10分もしないうちに、彼女が美脚を僕の股に入れる感じで絡ませてきた

この時既に次郎丸の小次郎(チンコ)は太刀に変貌していたため、

彼女の脚に当たっていたと思いますw



そしてボディータッチは既に完了していたため、スムーズにキスへ移行



「ウウン・・」
「フーフー」


韓国の家庭料理専門の居酒屋で、よくもここまでイチャついたもんだ(笑)

気付けば店員さんもフロアから姿を消している。



1時間半程飲み続けていると、彼女は男友達と店の外で長電話を始めた。

どうやらナンパしてきた男(僕)と終電後に会って飲むことについて、

男友達から心配されていたそうだ。

おまけに「彼女つくらないの?」「どんな子がタイプなの?」などの重い質問も飛び出し

面倒くさい展開になってきた・・(汗)



ここで意を決して・・

「次のお店行こか!」

と理由を付けて、外に出るとすぐにタクシーに乗り込みました。

ところでこの子、170cmの長身で脚の長さが僕の腰くらいありました(汗)




※朝帰り時です。


「ここってもしかして家?」

はい、次郎丸宅到着。

終電はとっくに終わってるし、キスも済んでるので引き返すはずはありません。



自宅でそのままイチャつきながらベッドイン。

ここでまたハプニング発生!



「コレ、無理・・」



次郎丸の小次郎(チンコ)がデカ過ぎるため、彼女がドン引きしてしまったのだ(汗)

自慢ではないので包み隠さずに言うと、僕の小次郎は初期状態ではチンケな小太刀なのだが、

膨張率がハンパないので勃起すると相当立派な太刀になってしまいます。



相手のモチベーションを上げる目的と、

このレベルだったらキープしたいという願望とが入り乱れたため、

手マンで3回イカせました。

まさに小次郎登場前のマングリ返し!です(笑)


いざ挿入となるとやはり痛いとのこと。

いつも通りに、先っちょから徐々に慣れさせていき、

全部入ったところで動かずに暫く止めておきました。



これはあのシミケンさんのテクニックを拝借したもので、
女性器を男性器の形に適合させるための作業です。



痛みがなくなり僕の小次郎に慣れてきた頃合いを見て、腰を動かし始めます。

バックだとさすがに痛いだろうと判断したため、正常位でサクッと僕の絶頂を迎えました。



コトが終わって、キープするためにもしっかり後戯を行っていましたが、

その子の脚を触るたびに、僕の小次郎は再び果し合いの戦闘態勢に入っていきました。

2回戦の始まりです。



いや~、これがマズかった。

彼女は気持ちイイのと痛いのとの間をさまよっているようでした。



2回戦終了後には彼女はすっかり興冷めしている様子で、

翌朝は見送りは不要かのようにそそくさとタクシーに乗って帰って行きました。


  • ラポールを行うべきタイミングでも、からかい続けてしまったこと。

  • その子に対して、「僕の性器・性行為=痛み」としてアンカリング(紐付け)させてしまったこと。



この2点を今回のキープに失敗したことの敗因として、胸に刻んでいきたいと思います。


※今なら無料メルマガ登録で、実録ナンパ音声(解説+音声テキスト付き)を
数本贈呈いたします。

詳細はこちらから↓
無料メルマガ・美女専コミュニティーについて